日記を書きつつ、意見を書いたり語ってみたり


by poppy_h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

自作機の話

もう1週間前近くになるわけですが、自作機のことについて。

結局合計金額は約11万ということになりました。
今のところは安定して動いてます。音も静かでまったく気になりません。
まさかノートPCより静かだとはさすがに思いませんでした。

で、気になる内部の熱なんですが、グラボがファンレスということで心配だったものの、3D映像をしばらく動かした後にケース中身を開け、直接触ってみたところ、ぜんぜん熱持ってませんでした。
どうやら思った以上に空調いいようです。もともと大きいケースなのと、PCIスロットに何かつけてるわけでもないので、中はすっきりしてて、あとはフロントファンの風が直接グラボに当たってたようです。
まぁこれから夏を迎えるわけなので、まだまだ油断できないのですが。

さてさて、細かいスペックを。
CPU:intel Core2DuoProcessor E8400 (3.0HHz) ¥19,980
マザーボード:GIGABYTE EP35-DS4 ¥14,095
グラフィックボード:GIGABYTE GB-NX86T256H (GeForece8600GT 256MB DDR3) ¥8,442
HDD:SEAGATE ST3500320AS(500GB キャッシュ32MB) ¥7,380
Diskドライブ:DH-20A3S-06B/B ¥3,480
本体ケース:Centurion 5 ¥9,504
電源:鎌力参 KMRK-500A(III) ¥9,028
ディスプレイ:acer P223WBBID (22インチワイド液晶(光沢)) ¥34,800
キーボード:¥500
メモリ:1GB*2 ¥2,000
マウス:使いまわし
スピーカー:使いまわし

予定より安く済んでるのでよかったです。
ディスプレイがでかすぎて疲れます・・・w。映像見るのにはいいけど、PCディスプレイとしては19インチくらいがいいのかもしれません。

自作機って楽しいなーと感じました。自作機にはまっている人たちの気持ちがわかりました。
秋葉原の裏通りも面白いところで、あの電気街な雰囲気も好きになりました。

e0021494_0533542.jpgパーツ軍


e0021494_0541058.jpg完成図。机は年季物


e0021494_0544111.jpgディスプレイは一番見回ったんです。

[PR]
by poppy_h | 2008-06-28 00:55 | 情報技術

晴々

この悩みがスッと抜ける瞬間は、何度味わってもいいものだ。


というのも、ここ数日悩み、そして焦っていた。
6月30日に研究テーマとその手法を発表せよと研究室で言い渡されたのだった。

ほかの研究室に比べれば、研究テーマが決まることがとても遅いのではあるが、私の研究室は引き継ぎがあるわけでもなく、ジャンルは自由と来たもので、幅が広すぎて逆に決められないということが起こってしまった。

無論、きっぱりとしている人は決めるのも早かったが、昔から決めごとには悩む私にとっては苦しいことになった。

あれをやってみよう、これをやってみようと頭の中で巡り、調べてみては先行研究が見つかり断念。
手法の閃きとともに、調べてみたらまたもや先行研究で断念。

自分の思いつくことは大体が研究されていた。自分の発想の能力を疑った。


悩むのは学校だけで、家に帰ったらとにかく遊ぶと心掛けていたので心身を痛めるようなこともなかったのだが、気づけば研究塔14階に残る人間は、大抵私が最後という変な事態となった。うちの研究室以外は静けさと共に、暗闇に包まれていたのだ。廊下の電気も自動的に消えるため、気味悪さと寂しさが14階にあふれる。


悩みというものは終りが見えてこないものであって、一定時間で済む作業のようなものでもない。時間を掛けたところで、解決の糸口は見つからない。

今日もせこせこと調べていたところ、ふと手法が思い付いた。論文を調べてみても、どうやら研究されていないらしい。しかし合理的なものではなく、果たして需要はあるのか、現状はどうなのか。これを研究に持っていくことはできるのか。

グーグルでとにかく調べてみたところ、ふとあるブログに出会った。
そこには私の思いついた手法が非常に解決につながるであろう悩みが書かれていた。

それを見つけた瞬間、胃の重さが消え、スッとするとともに高揚感が生まれた。
この感覚は何度味わっても良い。


果たしてその提案が通るのかはわからない。ただ、ようやく1歩進みだすことができた気がするのだ。


悩みは人が生きる上で必ず付きまとうもので、それが全くない瞬間なんてそう多くはない。
ただ、問題が山積みだったら、先ばかり見ずに、一番の問題点を見つけ、それを解決することに注力すればいい。それがいずれ広がり、悩みの解決へと繋がる。

と、いつでも考える。今回も同様に解決へと繋がった。問題を見つけることが出来なければ解決はできない。まず問題を見つけねば。


今後、更なる悩みストレスが掛かるであろうが、感情の制御はメリハリを付け、解決のことを忘れなければどうにか乗り切っていけるのではないかと思う。
[PR]
by poppy_h | 2008-06-25 20:34

念願かなったり。

ついに!自作機完成しました!
思えば企画から実行まで・・・実に長かった。

結局予算は11万に収まりました。マウス以外は全部購入、ディスプレイも込みの値段なんで、普通の値段なのかなって思ってます。

ディスプレイに関してはHDMI端子ほしい!ってことで高い額出して買っちゃいました。今後HDMIって主流になってくると思ったので。

詳しくは後ほど。今日はセットアップいろいろとやって疲れました。

ただいえるのは、

はやい!!!!恐ろしくディスプレイがきれい!!画面でかい!!(22インチ)


本日、アドバイザーというか、雨の中、巨大荷物を持ってくれたりと、手伝ってくれた2人に感謝です。
ディスプレイはVGAでやってたのに後々気づいて、DVI-Dにしたところ、恐ろしいほど画面がきれいになりました。アナログとデジタルの差がよくわかりました。HDMIも期待。


500円のキーボードはちょっと使いにくいな・・・。
[PR]
by poppy_h | 2008-06-23 03:50 | 情報技術

無償

大学のライセンスに、VisualStudio2003と2005があったものの、今年なくなってしまった。
で、ページ調べたら2008落とせと。どういうこと?

調べてみたらなんと2008無償! え?知ってたの?知らなかった。。

ここ

というわけで、6.0と2003しか使ったことないけど、使ってみようかなと。

無償版ということで、企業向けの内容ではないのだが、個人が使うには十分な感じがする。
Eclipseも無料ですごいなーと思ったが、まさかVisualStudioまでが無償になるとは。
[PR]
by poppy_h | 2008-06-19 02:55

ハットトリック

最近ハトに困った。困っている。
ばさばさとやってきて、ヴォーヴォー鳴き、糞を撒き散らし、去っていく。
乾いた糞はなかなか落ちない。

最初は鳥好きの私としては可愛がっていたのだけど、実際に害が出てくると困ったもんで。
でも鳥は好きで。犬鳥猫はいいです、好きです。


やることいっぱいある時ほど、いろいろ手が出せるのは不思議。
むしろ何もやることない時ほど、何にも手が出ない。


ああ朝日眩し、おやすみなさい。
[PR]
by poppy_h | 2008-06-17 05:48

眠いとこうなる

e0021494_256184.jpg


オレモネルー
[PR]
by poppy_h | 2008-06-13 03:44 | 絵?

フラクタル

フラクタル幾何学は有名で、誰もが知っていると思う。
以前フラクタルの画像を作成するプログラムを講義で組んだことがあるが、きれいだなと思っていた。

研究で、いろいろと調べていたら偶然フラクタルのページを見つけた。
それが結構素晴らしかった。

リンク

数式でこれ作るのってすごいなー。
[PR]
by poppy_h | 2008-06-11 12:44

競馬

今日は人生で初めて競馬というものをした。
レースは安田記念。東京競馬場、場所は府中市。

まず馬券の種類すら知らない。単勝くらいしか知らなかった。
単勝複勝馬連馬単3連複3連単ワイド枠連と様々な買い方があった。

3000円まで賭けてみようと思い、実際に賭けてみた額は2400円。
23種類の組み合わせで買ってみた。

で、結果。

枠連だけ当たって全部負け!!
キャッシュバックは720円。完全に負け。やっぱり難しい。


しかし、今回は初めての競馬場であったわけで、その雰囲気、迫力、テレビとは違った。
雰囲気だけで面白く、なんだか負けたけれど満足してしまった。

競馬場はきれいで、広く、人も多かった。ギャンブルとしては非常に表情のあるギャンブルでスカッとした感じだった。
そのうちまたやりたいかな。


e0021494_23544852.jpg府中観光写真。府中にあった神社。


e0021494_2355272.jpg府中にいた猫。逃げずに寄ってきた。


e0021494_23555568.jpg競馬場スタンドの写真。思った以上に人が多かった。


e0021494_23562234.jpg始まる前にいた馬。


e0021494_23564070.jpg表彰式。ウォッカが勝ちました。


e0021494_2357666.jpg上からの見晴らしは良かった。

[PR]
by poppy_h | 2008-06-08 23:59

モンティ・ホール修正

司会者は答えを知っているので、外れのほうのドアを開ける。

この部分が非常に重要だったモンティ・ホール問題。

私の勘違いは、司会者は答えを知らず、残りの2つのうち適当にオープンしていくものだと思っていた部分。だってクイズ番組ってそうやるし。

とりあえず修正プログラム

a,b,cにランダムで数字入れる

3は当たりとし、最初にaを選択するとする

cが当たりか判定し、
①cが当たりの時司会者はbをオープンするので
選択を変えない場合はaをオープン
選択を変える場合はcをオープン(この時点で確率変化するの分かりますね)

②cが当たりではないとき司会者はcをオープンするので
選択を変えない場合はaをオープン
選択を変える場合はbをオープン

正解数から確率を出します

まりもが詳しく解説してくれてますが、結果は変える場合は約66%、変えない場合は約33%。
cが当たりの時は、変えてれば確実に正解になります。
cが当たりでないときは正解は五分五分になります。

今後、もし似た機会があったら、あなたはもしかしたら勝つことができます。

プログラムはここからDLしたければしてください。
[PR]
by poppy_h | 2008-06-05 11:50 | 研究

モンティ・ホール問題

3つの箱の中にランダムで当たりが1つ入っているとする。
その箱はとりあえず A B Cとつけたとする。
あなたは1つ選択する。正解の確率は約33%

そこであなたが選んだものと違う箱を開ける。
たとえばあなたがAを選択したら、Cの箱を開ける。

その箱Cは外れだったとする。

その時、AとBの正解の確率は一見して50%
だが、Bの箱の正解率が66%になってしまう。


そんなちょっと疑問がわいてくるこの確率計算のものをモンティ・ホール問題と言うらしい。
詳しくはWiki参照(クリックで飛びます)


で、どうにも納得いかない。66%っておかしいだろという疑問が消えない。

そこで実際にやってみりゃいいじゃんということで。
人が一回一回やってるととんでもない時間がかかる上に正確なランダムともならない可能性があるため、プログラムを組んでシミュレーションしてみることにした。

exeファイルをDLできるようにしとくので使ってみてもいいんですが、入力する項目が計算量と最初の選択を変えるか否か、を選択するだけというものなので、やっても面白くないかもですね。

結果、やっぱり50%です。

ちなみに、ソース貼り付けてもしょうがないので、アルゴリズムだけ。


a,b,c にそれぞれ値がかぶらないように1,2,3をランダムで入れる

3を正解とし、自分が最初に選択するのはaとする

cをオープンし、もしcが正解だったら次の試行をする

cが外れだった場合、選択を変えた場合の正解数、選択を変えない場合の正解数をカウント

そのカウント結果から正解の確率を求める


恐らくモンティ・ホールの条件は満たしてるはずです。つかプログラム作ってる最中にどう考えても結果50%になるんだろうなーって思って作ってました。

もしCが不正解とわかったのちに、選択を変えられるということは、初めからAとBのどっちかが正解だろうってことでAとBの正解確率は五分五分になるかなと。


私自身の理解の根本が間違ってる可能性もあるので、議論深められたら楽しいですね。

プログラムのDLはこちらから
[PR]
by poppy_h | 2008-06-03 04:49 | 研究