日記を書きつつ、意見を書いたり語ってみたり


by poppy_h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

設計その1

やったー資料第一弾完成ーーー!
一応宣言どおり作りました。明日印刷して渡します。

一応というのはホントに一応の間に合わせでぬけぬけの資料。
あくまで全体の方針としての企画書。


ふへー疲れた。なんだかんだで使用時間は1時間以上。授業中に大体のことは考えてたのですらすら進んだものの。
えーと、やはり簡単なものとなりそうなので個人の負担は小さなものとなるだろう。
まぁ気楽に遊び感覚でやればok。楽しくやって計画倒れだけはないようにしよう。


ちなみに、昨日は夕方5時に起きましたが、今日は朝9時前に起きましたとさ。
1日で生活リズムを崩し、1日で戻すとは我ながら良くできたものだと。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-30 23:59

方針

うぅ・・・今日目覚めたのが夕方5時であり、その後はカレー作るくらいしかしてないため、これといって書くことなど・・・。

企画書はいまだ作らず。明日・・・明日にこそ作る。


昨日はモンハーで一日を終えた。ホント。


無理してでも書かねば、と。
書くこと書くても無理やり話題を作る。
これって結構訓練になるのではないだろうか?

作家がまさにそれ。
書くことが無くても締め切りに間に合わせるため、知恵をひねり出さなければならない。
そのつらさ、なんとなくわかる。といったところでこんなブログレベルの私に、作家達はお前に私達の気持ちなんてわかってたまるか、だろう。

別に作家を目指しているわけでもない。だけれどもこれから仕事をやる上で、自分の気分関係無しに、何かをする、っていうのは絶対必要になってくることだ。
まぁバイトとかしてれば自ずとそういうの出来るようになるが。

今の20歳ってゆとり世代?かはわからないが、我慢をすることが出来なくなっている気がする。
別にみんながみんな、そういうわけでなくて、全体の傾向として。

細かい作業をやっていて、「あーめんどくせー!いらいらするー!」なんていっていたら、姉にお前は現代っ子だな、と言われてしまった。
確かに自分は我慢するとか継続するというのがいまいち出来ていない。
熱しやすく冷めやすいタイプなのだ。
一気にやって、すぐ飽きる。おかげでこれといって極めたことなど無い。

そのための継続訓練としてこれを活用しようと思い立って、毎日書くと言い出した。
私情はなるべく書きたくない、というのも自分にプレッシャーをかけて、気楽にブログを書かないようにするため。
結局私情になっているが。


就職活動がもう目の前に迫っていると言うのに、どうにも気持ちが切り替わらないのだ。
今自分が就職したところで、一体私は何が出来るのだろう?
就活で「あなたは会社に何が出来ますか?」と聞かれてもその答えがわからない。
専門知識だってどう考えても足りていないと思う。

そうしてもう5月になってしまった。学校が始まり1ヶ月、何も変わっていない。
もう残された時間はあまり無い。

そこで意識改革のためにいろいろとやってみている。その一環がこれ。


書き出してみれば、結構長文になるものだ。
そして、文章にして初めて今の自分に気づくこともあるんだな、そう思った。

火曜日から新たなバイトの始まり。今度は気楽に稼ぐ!お金の余裕は精神の余裕さ!マジで!
[PR]
by poppy_h | 2007-04-29 23:50

サバイバル

朝日がまぶしい・・・。

というのも、時間を操って昨日の記事にしているが、今は4月28日の朝6時である。
パソコン使用でまた夜更かし?と思われるかも知れないが、その夜更かしではない。

そもそもなんでこのような企画が始まったのか、知る由もないのだが。


真夜中の公園で缶蹴り。


深夜12時30分。木場公園。

総勢10人を越える人数が集結した。


缶蹴りだと思って行ったが、全く違うオリジナルルールとなった。
普通の缶蹴りはかくれんぼ要素があり、見つけて缶に足を乗せて名前を呼んだら捕まえるルールだ。

だが、我々の考えたルールはこう。
2チーム均等に人数を割り振る。
各チームごとに用意された缶をどこかに隠す。
それぞれのチームに、無敵、無敵殺し、空気、と呼ばれるポジションを割り振る。
無敵は空気を捕まえることが出来る。だが無敵殺しにはつかまる。
無敵殺しは空気につかまる。
敵チームを殲滅、あるいは缶を見つけたチームの勝利となる。


そして深夜、静寂を包む夜空の下、スタートの合図。


木場公園は意外と茂みが多い。
まして夜。街頭の下はすぐに見つかるが、茂みに入ればなかなか見つからない。

4戦したなか、ずっと空気でいた私はとにかく逃げる立場にあった。
そこで、気分はスニーキングミッション。

メタギア3もやった人わかると思うが、まさにあんな感じ。
私の目の前5メートルくらいにその『無敵の人』がいたものの、ホフク状態で動かずいたら、見事敵は去っていった。
ちなみにこれを予測しての服装は、下は深色のジーンズ、上は黒いパーカー。
カモフラージュはばっちし。

茂みをホフク前進したり、見計らってはアスファルトの舗装された通路を走る。
静けさの増す夜の公園だから、足音が命取りになりかねない。敵は何時どこから出てくるのかもわからない。
緊張が全身を支配する。これは楽しい。

最初はまとまっていたが、途中から私は単独スニーキングミッション。
ダンボールを手に入れたいところだが、そう落ちているものでもない。

かくして30分。1戦目は終了。缶が見つかってしまった。負けだ。
そしてチーム分け。
その後30分くらいかかる戦いを3回したわけだ。その後は3連勝!

もう明るくなってきた。終了。時刻は5時。
途中で警察に注意されたりもしたが、楽しい缶蹴り(?)だった


楽しいということで、定期的にやるらしい・・・が、また深夜なのだろうか。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-27 23:10

駄菓子屋

近頃、大学内の学科内の、一部、少人数でのもんじゃブーム(?)である。
毎週木曜日にもんじゃを誰か(企画者は毎回?)が食べに行くというもの。
今回は3回目。私の参加は2回目。
何でもんじゃかというと、月島と言えばもんじゃ焼きであり、大学から歩いて20分程度、であるため、一人暮らし組はメシ外食のが楽、というのもあって、なのだ。


月島はもんじゃが60店舗以上あるため、どこに入るか迷う。
もともと2年かけて片っ端から入る、という計画だったが、今回を見る限り、選んで入っていくらしい。
やっと決めた店に入る。店内は新しくもあったが、昔ながらの雰囲気をかもし出していた。

3回目ということで、もんじゃ技術は高くなっているものの、いまいち上手くいかない。

そこで、店が空いていたので、プロのお手前を、ということで店長に頼んでみる。

「決まった作り方なんて無いんだよ。自分の好きなように作ればいいんだよ。」

多々店長は繰り返す。そういいつつ、やはり店長の作るもんじゃは見事で、おいしかった。

もんじゃは子供のおやつだった時代があり、駄菓子屋にはもんじゃを作るスペースがあった。
子供の頃から身近にあった食べ物であり、誰に習うことも無く独自の作り方を持っていた。
店長はそう話した。

そういえば、実家のほうには駄菓子屋、もんじゃの作ることの出来る場があったのを地元の面子は知っているだろうか?
今にして考えれば、とても貴重な経験だった気がする。
あのような駄菓子屋はどんどん姿を消していく。

そして、もはやあの駄菓子屋は存在していない。火事で焼けてしまったから。

小学校の頃、ようやく自転車に乗る許可をもらった。車にも負けぬスピードで、競うように走らせ、町を回ったあのころ。
10年近く前にもかかわらず、鮮明にその感覚を思い出す。
そこにあるのは青い空と、緑と、


ノスタルジックな気分にさせられた、もんじゃだった。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-26 23:56

組織

ポーカー計画。
朝暇な講義のさなかずっと考えていた。

判定がどうだの、グラフィックがどうだの、インターフェースがどうだの。
そして、
気持ち悪くなりました。

これは、やはり協力者を得よう。

ということで、頼んでみたところ、ありがたく乗ってくれたではないか!


共同開発開始!!

もし私が行動を起こさないと計画倒れする可能性があるので、月曜日に企画書作ってもっていきますので。
各自の負担はとても小さなものにするので、あんまり妨げにならないと思う。

今回は規模が重要なのではなく、組織として成立するのか?
チームワークが重要だと思っている。

もしこれで上手くいくならば、もっと規模の大きいものを作ってみたいと思う。


何故こんなことを始めようと思ったのか、それには迫る就活というのが大きい。
今の自分には何も無いではないか。

これから社会人として、組織の一員として働いていくわけだ。
最近の講義を聞く中でますますその確信を得た。

では実践的に何か今のうちに準備は出来ないだろうか?

そこでこんな企画が思いついたのだった。

今後1年、いや12月くらいまでだからあと8ヶ月。
その中でいろんなことに取り組みたい。だから是非協力して欲しい。
得るものも大きいし、何より楽しい、と思う。

その他、音楽についての企画は一体・・・?
わざわざギターを実家から持ってきたのだけど。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-25 23:15 | 情報技術

分割

近頃、学校では実践的なことが始まってきたと思う。
で、やたら出てくるのはプログラムの設計のこと。

前からプログラムをどうやって多人数で作るのかなと疑問に思っていた。
構想は一人で練り、それを頭に浮かべるのは自分だけ、プログラムとして実現するのもそれを思いついた自分しかいない、ならば多人数でやることなんて無理なんじゃないか。

そこらへんのことを今学校では取り上げてくれている。


重視されるのはプログラムの分割。近頃、ようやくプログラムの分割をする方法を実践的に知った。


そこで、
是非多人数でプログラムを作ってみよう!!

プログラムの知識があるメンツで是非作ろうではないか。

とりあえず、目標としてはポーカーとか思いついたんだが、その辺は話し合いで。
ウォーターフォールモデルで実践的にやりたいと思っている。

参加意志がある人が1人でもいれば。
つーか、プログラム知識なくても参加したければちょっとは教えるんで。

ちょっとでも興味があればコメントよろしく。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-24 21:12 | 情報技術

習慣

ここのところ、リズムが悪い。
そこで、生活に習慣をつけて、リズムを変えたいと思う。

その一環として、何か書いていきたいと思う。

できれば私情は書きたくない。
そう思い始めてからと言うものの、書くことがプレッシャーになったし、書くネタも見つからなくなってしまった。

しかし、目を凝らせば毎日何かしらの発見があるはずなので、些細な発見でも書いていけるよう、手帳を携帯し、もっと意義のある場を作っていきたい。

結局自己満足なのだけど、そうすること自体に意味はあるのではないか。

今年は特に重要であり、後に引けず、戻り道も無く、進むしかないのだから、散らばる破片一つ一つを出来るだけ見逃さず、拾えたら、

きっとこの1年は意味のあるものとなるだろう。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-23 01:52

不思議な不思議

金曜日は勉強をせずに寝て、土曜日はダラーっとしていたらさすがにあせり始めたので、徹夜で勉強をしてみる。

そんなわけで徹夜ですよ。
そして今、早朝4時になるわけで、明日は通常の学校であって、なんでこんなにのんびりしているのかも理解できず、どういうわけか眠気が無い。

夕方頃には眠くて眠くて、歩きながら寝そうなくらいだったものの、いざ夜になってみると眠くない。
脳は起きながらにして休んでいるのかも知れないなと思いつつ、今日は寝よう。


最近寝てるのか起きてるのかよくわかりません。もしかしたらずっと寝ているのかもですね。

わからないことだらけですよ。今脳がおかしな働き方をしているのかもしれませんよ。

なんだかぐわんぐわんと脳が波を放っている感じが続いています。眠くは無いのです。

徹夜というものは眠気より疲れが敵なんですね、きっと。咳が止まりません。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-16 03:42

svchost.exe の謎

明日は資格試験当日。
ここのところパソコン禁止をしていたものの、昨日勉強にも飽きた(といってもろくに勉強して無いが)ので、久々にいわゆるネットサーフィンをしていた。

そしたら、あるとき急に動作が重くなった。
ん?別に何か処理の要求をしたわけでもないのにどうしたんだろうか?


余りに処理が遅くなったので、いったんブラウザを消し、タスクマネージャーを用いてCPU使用率をチェックしてみる。

常に100%・・・。

まさか久々にウィルスにやられたのだろうか。

そこでCPU使用を最も多く占めているプログラムをチェックしてみる。

svchost.exe

いったんこれを強制終了し、ウィルスチェックをしてみる。
ソフトは学校から借用しているSophos。
何も脅威は見つからなかった。

そこでsvchost.exeを調べてみる。

検索してみればわかるが一番上にヒットするサイトにて結構使えるソフトをゲット。

Sysinternals Freeware - Process Explorer

タスクマネージャーでは起動プログラムの詳細を見ることが出来ない。
どこのディレクトリにあるソフトだかもわからない。
で、このソフトを使うと詳細がわかるのだ。
これでもしウィルスなら、どこで動いているかわかってしまう。

それを用いてわかったことは、どうやらマイクロソフトの提供ソフトに異常が見られるようだ。

Automatic Updates

これ。

これは自動更新ソフトだ。セキュリティ等の自動更新ソフト。
これがどうやら暴走しているみたい。

そこでもうちょっと調べてみたところ、こういう常時ソフトを制御できる方法を発見。

スタートメニューからファイル名を指定して実行
『msconfig』
と入力。

そうするとそういうのが設定できるのが出てくるので、自動更新をストップさせる。
再起動してみると、CPU負担が0%!


しかしこれが何で起こっているか分からないので調べてみた。

結果。
どうやら更新プログラムが溜まってしまうとダウンロードするデータが重くなりすぎて処理が重くなってしまうらしい。
この症状が起こってる人が結構いるらしい。何とかして欲しいマイクロソフト。

なので、自動更新を停止した後、手動更新したら自動更新再開しても大丈夫になった。
あーウィルスじゃなくて良かった。

svchost.exeについて。
これのウィルスもあるらしいので注意が必要だ。
これの説明

要するに起動時に読み込まれるサービスらしい。一つの特定ソフトとかではないようだ。


ああ明日はテストか・・・。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-14 16:02 | 情報技術

ネコのお話し

春休みが終わるので、ちょっとしんみり良い話をしたいと思います。
僕が考えたのではない話です。



あるところに、とても主人に忠実なネコがいました。
ネコはネコでもちょっと違ったネコです。
そのネコは大変頭の良い猫で、主人にご飯を作ってあげたりもしました。
人の言葉もある程度しゃべることが出来ます。

あるとき主人はとても大きな仕事を抱えることになりました。
勇敢な主人は、危険を顧みず、その仕事を引き受けることにしました。

ご主人・・・。

ネコはとても心配しました。


そして、主人は戻りませんでした。


ネコは主人が仕事を引き受けた日から、職場に行っては主人を待ち続けました。
月日は流れます。

あ、ご主人!
と思ったら勘違いですニャ

主人の帰りを信じているネコは、多々人間違えをしました。
その度に、主人を思い出し、その主人から受け継いだ知識をお詫びの変わりに伝えました。


あるとき、ネコに良い知らせが入りました。
主人が引き受けた危険な仕事を、見事成功させた者が現れたのです。

良かったですニャ・・・。でもご主人は・・・。


喜びつつも落胆を欠かせないネコに、親友のネコが近づいてきました。

あんたに手紙ニャ。


ふとその肉球に目を落とすと、一通の手紙がありました。

誰からニャ?

手紙を開けると、そこにはご主人の文字が。

ご主人、生きていたんだニャ!


手紙にはこう書かれていました。


私は大きな仕事を前に、逃げ出してしまった。
恐いが為、危険に背を向けてしまった。

恥ずかしさの余り村には帰れない。

だが、もう少し待って欲しい。
いずれ、もっと力をつけたとき、私は帰ることにする。

いつになるかわからないが、また会おう。


ネコは大切に、大切に、その手紙をしまいました。



というような話し。

え?ネタばれ?
[PR]
by poppy_h | 2007-04-05 23:29