日記を書きつつ、意見を書いたり語ってみたり


by poppy_h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日、ある理由があって上野に行ってきた。
そのついでに上野公園に立ち寄る。

桜がもう咲いていた。

4月、相変わらず、季節感も無く、冬が終わる。

3月過ぎからのちらほら撮った写真を貼ってみる。

e0021494_0491424.jpg旅行計画を兼ねていたたこ焼きの集い。
結局旅行計画は全く進まなかった。


e0021494_0514782.jpg結局私が3時間かけて探した格安プラン。
行った先は赤倉温泉スキー場。
しかしメシは酷かった。
これがそこの写真。


e0021494_05718100.jpgドライブがてら行った妙義。地元近場ドライブと行ったらなぜか毎度ここに来ている。


e0021494_0585278.jpg今日行った上野。
気温がここのところ高くなったために一気に咲いた模様。


e0021494_0593743.jpgその2


e0021494_059532.jpg人多し。


e0021494_105530.jpgいい天気だった。



おまけ
e0021494_125511.jpgうちに来るネコ。


e0021494_133152.jpg
[PR]
by poppy_h | 2007-03-30 01:01

Q&A

最近、久しぶりに最後まで時間を忘れて読んだ本がある。

結構前に発売され、売れ行きも良く、このミスでも取上げられた本。


『Q&A  著 恩田 陸』

もともと爆笑問題太田のお勧め本として知った。
ずっと読みたかったが、機会がなくて後回しにされた本だった。

ストーリー
突然大型デパートでパニックが起きた。
そこにいた人々が一斉にパニックを起こし、出口を目指して走りだし、衝突が起こり、そして。

死者数のすごい、大事件になる。

だが、どうして客達は走り出したのか。
誰に聞いても「わからない」、「みんなが走っていたから」、「毒物がまかれた」、「火災が起きた」、とバラバラに話すだけで、信憑性のある話が無い。

原因はなんだったのか、その原因不明な事故、又は事件は、人々を不安にさせ、様々な噂を生み、宇宙人だ、ありえるはずも無い説まで生まれ始める。

一人、防犯カメラに移っていた幼女。手には血塗られたくまのぬいぐるみ。
多数の死者を出した事件ながら、この幼き子は傷一つなく生還した。
何故彼女は助かったのか、奇跡の少女だ。不安の残る人々は言い始める。
そしてついには宗教までも派生する。


真実は一体何なのか。



この本は技法が独特だ。
私が本を読む再に気をおいているのは、大まかには二つ。
『内容』と『技術』だ。

内容は言うまでもないことだろう。誰しも気にすることだ。
もう一つは技術。
技術をもっと細かく言えば
流れ、文章力、含みを作る(プロセス)、

この本はQ&Aで全てが書かれている。
質問者、回答者の二人のみ、会話で話しを進めるのだ。最後まで。

そのなかで違和感なく事件を伝え、こちらをどんどん物語りに引き込む。
リアリティのある内容だ。読み終えたあと、私を不安にさせた。

意表を突く落ち、それが多く用意されていてこちらに感情の起伏を生む。
こちらに推理させるところもある。QとAの入れ替わりも多々起こり、そのたびに「この人か」の驚きがある。


とにかく読んでみるといい。普段本を読まない人でも、会話で話が進むから読みやすい。
[PR]
by poppy_h | 2007-03-06 17:44 |