日記を書きつつ、意見を書いたり語ってみたり


by poppy_h
カレンダー

<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

一夜明けて

ははは・・・もうこんな時間か。
今日ついにお笑いライブなんだが、眠くならなきゃいいけど。


最近、とあるきっかけで気づいた。

俺は今、青春を謳歌してるんだな。

中学生の頃くらいか。
その頃、今の歳つまり18くらいには自分はきっと大人になっていると思ってた。
だけど何も変わってない。解決できていない。
18って思った以上に子供なんだね。

一体いつまで続くのかな。こういう気持ち。


友達が来たときに買った日本酒を一口。
未だなれぬ味が口の中に広がった。


・・・飲んじゃっていいんだよな?
[PR]
by poppy_h | 2005-08-29 08:13 | 語り

さらばマイホーム

今日寝て明日ついに戻ります。
久々の電車だなぁ・・・。学割持ってるもんね!!2割引だもんね!!


どうも毎年「夏休みって一日が短いなぁ」って感じてたのだが、ようやく理由がわかった。
どうやら俺は起きる時間の大半は午後であるが為、日中の時間が短すぎるのだ。

休日を満喫したいなら、やはり早寝早起きをすべきと気づいた。
そのほうが一日を長く感じれるし、もっといろいろ行動できたはずだ。

9月10日に学校が始まるらしく、残された時間は短い。


・・・そういえば、夏休みにすることの計画立てたが、いまいち実践しとらん。
[PR]
by poppy_h | 2005-08-28 00:00
あぁぁ・・・・。
若干18にて親知らず4本目生えてきた。
痛くないけど、きちんと生えてくれることを祈ります。歯医者恐いから行きたくない。

台風も通り過ぎ、穏やかを通り越した暑い日。
前からプール行きたいと思ってたが、ようやく行くことが出来た。
いいよね。プール。今年は合計2回行ったことになる。
今日もほとんど人もいなくて、貸切状態。

その後、寒くなって上がって、またもややったのはバトミントン。
なかなか高レベルな戦い。バトミントンがこんなに楽しいものだとは。


さっき、猫の恩返し見た。
俺はわりとこういうノリの映画好きなんだよね。
夏の終わりってどうにも気落ちしてしまって、そんなときに考えさせられる映画なんて見たくない。
確かにたいした内容のない映画だったけど、ちょっと元気になれた気がした。


もうそろそろ神奈川に帰ろうかな。
とりあえず、明日は飛行機作ります。
[PR]
by poppy_h | 2005-08-27 00:00 | 映画

台風

昔から台風が来るとワクワクしてしまう。
体のうちから、熱いものがこみ上げてくる。

雪だとか雷だとか、そういう自然現象が昔から好きだ。
台風がくれば外に飛び出したくなるし、雷が鳴れば止むまでずっと見てしまう。
雪はいつもと違う世界を僕に見せてくれる。


今回の台風も結局、近場ではたいしたことなく終わりそうだ。
そこでがっかりしてしまう僕は変だろうか。
[PR]
by poppy_h | 2005-08-26 00:29
今日は友人と遊んだ。
バトミントンをした。
楽しかった。
僕の日記はこれでおしまい。


―――諸君らは5.1chスピーカーというものを体験したことがあるだろうか?
最近では一般家庭でも手に入れられるほど価格は下がったが、もともとは映画館のみに設置されていたシステムである。

前々からほしいなぁ・・・と思いつつ、値段を見ると到底僕の財力では買えない。
しかも買ったところで、アパートで使用すりゃ迷惑だし価値がなくなってしまう。

しかし今俺は実家にいるので、暇に暇を突きつけるほど完全な暇人である。
それ故またもや無駄な労力を使い、ついに新技術を開発した。

行け!4chスピーカー!!

5.1chスピーカーならぬ、4chスピーカー。

・・・5.1chスピーカーは何故に中途半端な数字か知っているだろうか?
実はスピーカーが6個あるのだが、1個はスピーカーとは言い切れぬ役割。
そこで、0.1という普通のスピーカーの10分の1まで蔑まれるかわいそうなスピーカーを、他の立派な5つのスピーカーにプラスして5.1chスピーカーといわれる。

俺はそんな差別はしない。何故に少しでもスピーカーとして活躍しているにもかかわらず、10分の1の存在として扱われてしまうのか。
技術者を目指す俺にとってしてみれば、非常に嘆かわしいことだ。

そこで開発されたのが4chスピーカー。
いつでも俺はこの環境で音楽、そしてラジオを聞いている。

ここでその開発手順を教えよう。
なに、俺は技術者を目指す男。自分の技術を役立ててもらえれば良いのだ。

始めに、部屋の両端に2つのCDプレーヤーを用意する。
そして、あらかじめコピーしてあるCDを一方に、元のCDをまたもう一方にセットする。
最後に、同時に再生ボタンを押す。

これぞまさに4chスピーカー!

しかし、あまりに2つのスピーカーが離れていると再生のタイミングが遅れてしまい、音がずれて「かえるの歌」状態になるため、離しすぎは厳禁だ。
ラジオにおいて音のずれは生じないから安心である。


ふ・・・俺は技術者を目指す男、こんな発想など造作も無い。



・・・え?5.1chスピーカーって、スピーカーごとに音違うの?
[PR]
by poppy_h | 2005-08-25 00:00 | 無駄

雨の中

21日。
その早朝4時、重いまぶたをこじ開け家を出る。
前々から登りたいと思っていた富士山に挑戦する機会がついに来た。
天気を心配しつつ、目的地を目指す。

7時だか8時くらいに富士山ふもとに着く。
この日は登るわけではない。
何故にあんなに早く家を出たかというと、父が富士山の写真が撮りたかったからだそうだ。

あいにく天気も悪く、富士山が丸々雲に覆われてしまい断念。
やることもないため、河口湖をだの西湖だのをぐるっとまわり『吉田のうどん』を食べる。
吉田のうどんとは富士山の天然水を使ってこねた美味いうどんのことで、富士山ふもとに数多く店をかまえている。
これがまた非常に美味い。しかも300円~という破格の安さ。これは登山に来た人は食べるべきであろう。

とりあえず、御殿場市に住むいとこの家に行く。
2時間くらいの雑談の後、いよいよ富士山の登山道のポイントに行く。


夜7時くらいに到着。
登山における睡眠は非常に大切なものだ。
そんなわけで、そんな時間にもう寝る。無論のこと車内だ。エコノミー症候群とかいってる場合ではない。

早朝3時・・・に登り始める予定だったが、見事俺は寝坊し6時くらいに目がさめる。相変わらず目覚ましがないと、とことん寝てしまう。
父はもう3時くらいに起きていたらしいが、雨霧強風で今日はどうするか迷っていたらしい。

この日の天気図を見てもらえば分かるだろうが、台風の影響や低気圧と高気圧のぶつかってるというのがあり、まさに強風。
父でさえあまり登ったことのないほどの悪天候らしい。

ところが、まわりの人を見てるとどんどん上り始める。
それに刺激され、ついに山頂を目指す決断を下す。


そして登り始めるわけだが、本当に天候が悪いの何の・・・。
五里霧中ともいえるような気候で、5メートル先さえ見えない。

黙々と登り続け、7合目にどうにか到着。
そこで父が高山病になったとか言い始めたため、そっからは俺一人で登ることになった。

富士は山頂に近づくほど傾斜が急になっていく。

とりあえずここで写真その1



見てのと通り視界悪し。そして急坂。
こんなのがずっと続くもんだから相当ばてる。事実俺も8合目以降、嫌になってきた。
寒いし、まだ山頂まで2時間登れって言うし。
まさにメロスの心境。
だが俺にも意地とプライドがある!
寒さに震えつつ、新たに登り始める。

そして嫌になるほど歩き、ついに頂上へ!!
視界が悪かったため、たいした達成感もなかったがどうやら頂上に着いてしまったらしい。

頂上はわりと平坦だ。しかしスゲー風が吹いている。
ふんばっていないと、マジで飛ばされかねない。しかも結構道細いため、飛ばされたら最後。崖を転がり落ちるはめになる。
そうしたら命はない。一歩一歩しっかりと地に足をつけ、進める。
何故俺が頂上に来たのにも関わらず、歩きつづけたかというと、富士山は火山口の周りにぐるっと道がある。
そして小屋の近くの地図を見たところ、富士山の最も高い場所3776mは観測所近くにあるらしく、まだ歩かねばならぬようだ。

肌にあたる雨は痛い。靴下はもうぐっしょりだ。けれどここまで来たからには足を止めるわけにはいかない。

さらに歩くこと30分。ようやく到着。
そしてついに最高峰の証の棒を拝む事に!!



・・・しょぼいな。日本で一番高い場所なのに。
ちょっとがっかりした俺だった。
ちなみにその場にいたのは俺一人。悪天候でこんな場所来る人はいないようだ。

・・・よし!気を取り直して、頂上からの写真だ!



何も見えねぇ・・・。

日本で一番高い場所で一人寂しくパンを3個食べ、頂上の山小屋で一息いれ、一気に山を下る。
おそらく下るのにかかった時間は、登る時間の半分くらいだろうか。
一気に駆け下りた。

こうして富士山登山は終わったわけだが、いまいち実感も達成感もなかった。
やっぱり気候が悪いときに登山はするものではない。
頂上はおそらく2~3℃、しかも風速20m?か分からないが、いままで台風でも体験した事のない風が吹き荒れ、寒くて頂上で喜んでいるどころではない。


次、いつか晴れたらまた来よう。
[PR]
by poppy_h | 2005-08-24 00:00 |

ホントに行ったよ。

行ってきました山登り!

その山なんと

富士山!!

もう大変だった。風強いし、雨降ってるしで・・・。

なんか今日疲れたんで、詳しくはまた今度。
[PR]
by poppy_h | 2005-08-23 00:17

今日は泳ぎに行く予定だったものの、またもや夕立に阻まれ断念。
しかし、夕立後の空は驚くほど美しい事がしばしばある。

雨が上がって直ぐに、犬の散歩をしていたところ、見事な大きな虹を見た。
地面や、稲についた水滴が夕暮れの太陽光に反射し、光を発している。
写真撮っとけばよかったと後悔しつつ、散歩をしたのであった。


明日山登りに行く故、ちょいと更新停止。
どこの山かって? 後ほどじっくり紹介します!

忙しいので今日はこれにて終了。
[PR]
by poppy_h | 2005-08-20 22:56

秘境をもとめて

只今実家にいるわけで、これといってやることもない。
そのおかげで、毎日10時間睡眠の日々が続く。
これはいかんと思った私は、ちょっとした旅に出る。
中学入学式の時から愛用していた自転車に飛び乗る。
行き先は決めていない。
成すがままに。

思えば、ここを離れてからまだ4ヶ月しか経っていない。
しかし、どうしてこんなに懐かしく感じるのだろう。
やはり住み慣れた場所を離れると、少しの期間さえ長く感じてしまうのかもしれない。

ほとんど変わりはない町。でも少し違って見える。私自身が変わったということなのだろうか。

当てもなくただただ思いつきで道を進むと、そこは全く知らない場所だった。
山や木々に囲まれる場所。まさにそこは秘境とも思えるような場所だった。
日暮蝉の泣き声をBGMに自転車をこぎ進む。

そうして出た場所は、山と川が一体となったような場所だった。
川のせせらぎ、木々のざわめき。時が進むのを忘れる。

我にかえると、出発から1時間以上経っていた。


こころにしんみりとくるやわらかさと共に、私はその場所を離れた。
[PR]
by poppy_h | 2005-08-19 00:10 |
オーケー!クリスタルキング!!


さてさて、こっちに来てからやることもなし。
つーわけで、いつも通り11時くらいに起床。

今日はちょいと町に繰り出してみたところ、山K君に会った。あぁ久しぶり。

ここでわたくしの家事情の紹介。
うちの家系は面白いもので、うちは姉と俺で男一人に女一人なんだが、うちの父の兄弟の子供、つまりいとこ集団は父の兄貴の子供は女3姉妹と男一人。そして父の姉は女3姉妹という非常に女性の率が高い。
父は3番目であるため、父側のいとこは年上の姉貴分がたくさんいる。

そして母側において、母の妹の子供は男3兄弟。そして母の弟の子供は同じく男3兄弟。
また母1番目であるがため、母側は弟分が多い。

合計して、いとこは男7人、女6人ということになる。いやはや、見事に数つりあってますな。
しかも父側がほとんど女性、母側がほとんど男性。ほんとよく出来てると思う。


さてさて、なんでこんなうちの家系の話したかというと、久々にいとこに会ったのだ。まぁお盆だし。

そんで、『you are shock!!』のような出来事。
父側の姉の子供、つまり女性なんだが、たしか2年ぐらい年上の人。
なんとその人に俺は身長負けているのだ。

思えば、いとこはほとんど俺より身長が高い。
父の兄貴の子供の一番目の女性は無論抜かれ、父の兄貴の子供の一番下の男が中2なんだが、そいつにも身長が抜かれている。
きっと母側のいとこにも近いうちに身長抜かれるんだろう・・・。

全く・・・血筋は同じようなはずなんだが、なんで俺に限って身長が小さいのだろうか。
俺の一番のコンプレックスは身長。未だに非常に気にしている事実。

はぁ・・・これだけでもう人生一つ損してる気がする。しかもこれの場合、どうしようもできねぇもんなぁ・・・。努力でどうにもならんし・・・。
おい!身長大きい奴!!もうそれだけで一歩俺よりか人生得してるんだからな!!


厚底になんか頼らないもんね!!へへん!!クソッ!!
[PR]
by poppy_h | 2005-08-17 00:44