日記を書きつつ、意見を書いたり語ってみたり


by poppy_h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅( 24 )

8月7日~8日のゼミ合宿を終え、9日には劇団を見、10日には花火を見た。
この詰まった8月の前半にようやく一息ついた感じがする。


まずゼミ合宿について。
訪れた場所は葉山、最寄り駅で言うと逗子。神奈川。湘南、江ノ島、鎌倉の近くと言えば分かるだろうか。

集合時間は13時と早くなかったので、12時に逗子に着いた私は歩くことにした。
Googleマップを適当に印刷した地図。まったくと言って目印が乗っていない地図だが、何とかなるだろう。

と、歩いていた。
知らない町を歩くのはいい。あやふやに、迷いながら進むのがいい。

思えば一人旅では、周る場所も調べず、気の向くままに進むのが好きで毎回やっている。
迷うのが好きなのだ。

江ノ島も、栃木も、気の向くままに歩き、その場の看板を見、気につく場所へ歩いてみる。
どうも形付けられた旅は、ただ沿っているだけにしか感じず、余り冒険した気になれない。
一人旅ならではの面白さなのだが。


心配性でありながら楽天家な私で、今回も、「まぁ適当に歩いてれば着くだろう」と歩き出した。

駅付近は意外と発展してるなと思いつつ歩いていたが、コンビニは少ない。
駅から離れれば離れるほど、古い雰囲気があった。

さて、長いトンネルがあった。
地図には一切トンネルが記されていない。
ここを抜ければまぁ間違ってるにせよ分かるだろう、そうして歩き出した。
200mくらい歩くとトンネルを抜けた。山に囲まれた道だった。

ここで気づく。おかしい、集合場所は海が見える場所だ。

時刻12時40分。いまさらバスも無い。
そこからは走り、おばあちゃんに道を聞いたりおっちゃんに道を聞いたり。
どうにかたどり着いて12時55分。早くも1枚目の服はびしょびしょになっていた。

ゼミをし、飲み会をし、翌日は解散。
暇だったので三浦半島一周してみたり。
この辺は省略。


翌日、劇団四季。
初めての生ミュージカル。わくわくしていた。
WICKED、これが見たミュージカル。
オズの魔法使いの話で、ちゃっかり直前に予習済みだ。

17時30分開演、終了は20時40分くらいか。
予想の以上の長さ、ボリューム、迫力に度肝を抜かれた。
あれほどのものを見せ付けられるとは。そして初めてスタンディングオベーションというものも体験した。会場全員が立ち上がって拍手していた。
非現実的な空間に何時間もいたかのような気持ちになった。
時に笑わせ、圧倒し、そして感動させた。その素晴らしさは見たものにしか分からないだろう。


翌日花火大会。
優先席券を今年は手に入れていたので、急ぐことも無く、良い席で見ることができた。
思えば去年は朝6時に場所取りをしていた(姉が)。

近い。打ち上げ場所が分かるくらいに近い。花火って丸いんだなと思った。そして花火ってでかい。

帰りは雨が降ってきて、びしょ濡れになったが、夏のいい思い出になったのだった。


e0021494_220631.jpg葉山写真。ボートがいっぱい


e0021494_2205084.jpgきれいな雲


e0021494_2211117.jpg


e0021494_222028.jpg単独で出歩いてたけど、空が本当にきれいだった。


e0021494_2231839.jpg生ハムピザなのに、最初生ハムが乗ってなかったピザ


e0021494_224246.jpg半島の岬だったか


e0021494_224537.jpg人が少なかった


e0021494_2255048.jpg見て周るところが特に無い


e0021494_22619100.jpg妙に慣れてた猫


e0021494_227122.jpg手の感じに引かれたんで触ったら引っ掻いてきた猫


e0021494_2284317.jpgとりあえず1枚。
[PR]
by poppy_h | 2008-08-11 02:17 |

九州写真

8月の1日~3日。九州に行ってきた。
場所は鹿児島から宮崎にかけて。
幸いにも3日間すべて晴天だったので、ついつい100枚以上の写真を撮ってしまった。

クリックで拡大

e0021494_0382155.jpg羽田から。飛行機。
⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン


e0021494_0391147.jpg上空から。
⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン


e0021494_0394853.jpg池田湖のイッシー。こっちみんなw


e0021494_0403626.jpgヤギ


e0021494_0405863.jpgロバ


e0021494_043973.jpgダチョウの子供


e0021494_0434757.jpg長崎鼻(鹿児島)


e0021494_0444398.jpg開聞岳


e0021494_0453415.jpg長崎鼻から開聞岳


e0021494_0462565.jpg


e0021494_047856.jpg日本最南端の駅。偶然電車登場。


e0021494_0473853.jpg駅の時刻表。一度逃すとヤバイ。


e0021494_0482359.jpg最南端の駅から見る、開聞岳。


e0021494_0531698.jpg開聞岳登山。往復5時間程度の山。
海に囲まれた珍しい山で、地上が飛行機から見下ろしたように見えた。


e0021494_0565118.jpg宮崎の山。名前は忘れた。


e0021494_0575120.jpg鬼の洗濯岩。非常に珍しい地形だった。


e0021494_0595663.jpg鵜戸神宮


e0021494_102755.jpg崖の中に神社がある。珍しい。


e0021494_112755.jpgでっかい岩。


e0021494_123199.jpg確かに犬っぽい岩。


e0021494_13432.jpg宮崎のなんとか岬。名前忘れたが有名らしい。


e0021494_14109.jpg宮崎空港。


e0021494_144060.jpg⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン



と3日間でした。暑さが刻まれた思い出いっぱい。
レンタルカーで人生初高速道路乗ってみたり。

その翌日に会社の合宿研修に行ったわけで、死にそうでした。
[PR]
by poppy_h | 2008-08-07 01:20 |

風邪引いた

帰って参りました。富山あたりから。
風邪持ち帰ってきました。もう治り始めてはいるものの。

さて、この2週間くらいにイベントが凝縮してまして、金も吹っ飛びながらも充実。

17日日曜日には自転車で多摩へ行ってキャンプ&1泊。もちろん自転車で帰宅。総距離120キロ以上!

24日日曜日はたこ焼きパーティ3rd。またまた大量のたこ焼きを作りました。

25日夜に出発した今回の旅行。移動総距離は車によれば1478.9キロ!
夜中に高速に乗って富山に到着、その日はそのまま黒部渓谷を楽しみ一泊。
翌日に能登半島、石川へ!

その後能登半島半分で一泊、と能登半島1周。ちょっと運転もした。輪島に行ったり、金沢にも行ってみたり。
もう一生金沢で運転することはないだろうな。。

写真一部UP!(クリックで拡大)


e0021494_1151271.jpg自転車旅行の写真。これでも東京です。


e0021494_1164563.jpg黒部渓谷写真。富山寒い。


e0021494_1172832.jpgここからトロッコ列車に乗ります。


e0021494_117389.jpgこちらがトロッコ列車。


e0021494_1174732.jpgいざ出発。すがすがしい、というか寒い!


e0021494_1175766.jpg赤い橋です。渓谷ですね。


e0021494_118738.jpg途中にあった、、城?


e0021494_1182065.jpg渋い橋


e0021494_1183320.jpg流石は富山、雪が残ってました。


e0021494_1184485.jpg山、川


e0021494_120446.jpg虫がきれいでかわいかったので撮ってみました。


e0021494_1202248.jpg有名(?)な赤い橋。


e0021494_1203280.jpgでっかい岩。ここで温泉湧き出してまして、足湯してました。


e0021494_1204493.jpgうにいくら丼です。


e0021494_1235538.jpg海鮮丼です。


e0021494_1241276.jpg能登半島の西側の海岸です。名前忘れました。


e0021494_1242097.jpg晴れててきれいです。


e0021494_1242822.jpg義経の隠し船だったか、そんなところです。きれいでした。


e0021494_1243790.jpg一人果敢にもあんなところに登ってます。ヒビ入ってたのでほんとよく行ったなと。


e0021494_1245041.jpg下の岩のところで釣りしてるおっちゃんがいました。どうやってあそこに行ったんだか。


e0021494_1245935.jpgタンポポと、後ろに見える風力発電がきれいでした。


e0021494_1251123.jpg名前忘れましたが、有名なところだそうな。


e0021494_1252171.jpg巌門というところらしい。洞窟があって楽しかった。サザエはうまかった。


e0021494_1253174.jpg同じく巌門。囲碁打ったとか、エクストリーム囲碁?


e0021494_1254270.jpgジャーン!


e0021494_1255464.jpgズズズ


e0021494_126441.jpgドドドド


e0021494_1261289.jpgゴゴゴゴ
こちらは一部で有名な場所で、駅を降りると擬音の彫刻があります。ジョジョ好きでもいたんでしょうか。


e0021494_1294940.jpg渚ドライブなんたらという場所。なんと浜辺なのにドライブできます。ムービー(クリック)
サーバからmov消されるっぽいのでDL後にmovつけて開いてください。


e0021494_130497.jpg全面はこんな感じ。意外と広いです。


e0021494_1301387.jpgほんとに波がすぐそばです。


e0021494_1302258.jpg日本海の夕日。


e0021494_1303053.jpg黄昏


e0021494_1303734.jpgこうして最後の一日、太陽は沈みました。こののちに地獄の400キロ越えドライブもあったんですけどね。


締めのムービー goodだけ消えました。
こちらもサーバからmov消されるっぽいのでDL後にmovつけて開いてください。
[PR]
by poppy_h | 2008-05-31 01:22 |

長距離自転車旅行を控え、ついに買ってしまった。それは自転車。
1万ちょっとの安物ママチャリでありながら、3段切り替えを備えた、普通に乗ることには申し分のないもの。ただ、これで長距離となるとどうなるかはわからないが。
気になるのは、ペダルと車輪をつなぐ部分、あれが短い。短いゆえに足の上下回数が増え、また踏み込みにくくなる。
恐らくおばちゃんや主婦に合わせた設計なんだろうと思う。体重もどちらかというとサドルに掛かるため、腰も痛くなる。長距離には向いていない。


とりあえず、自転車に慣れるという意味も込めて、10Km~20Kmほど軽くサイクリングをしてみた。
今回目指したのはドリームアイランド、夢の島。言いかえればゴミ処理のところ。
イメージはゴミなので、さぞかし汚いのかな?と思っていたが、たどりついてみればジャンゴゥ。

e0021494_2513171.jpg


e0021494_251541.jpg


これほど草木の多い場所だとは。熱帯植物園なんてものもあったり。
競技場では陸上っぽい大会が行われていた。
ここ結構いい場所。臨海公園も結構好きだけど、この緑の感じはいい。

その後はTUTAYAに行って、カード作るぞー、レジに来たぞー、身分証明書見せてください、財布忘れたー!

なんてこともあったのではずかし帰り。グリーンマイルは字幕でみたいので、借りてから見てみる。
[PR]
by poppy_h | 2008-05-13 02:55 |

アメダス

30日。
この日、私は鎌倉に行った。

さえない天気だ。分厚い雲が空を覆う。
朝、準備をしていたら家を出る時刻は11時を過ぎていた。
電車に揺られて到着は1時くらい。
久々の地、鎌倉。小学生以来・・・では無い気がするが来た記憶として存在するのはその頃。

全く無計画で、どこに行くかも考えていない。適当に回れればいいかなと思いつつ、足を踏み出す。

そこは小学生、中学生くらいの年齢の子たちが沢山いた。

しまった、修学旅行シーズンだった。
これでは風情もへったくれもない。

適当に歩き始めて沢山の場所に立ち寄った。
しかし4月に京都へ行ったばかりで、どれもがしょぼく感じたのだった。
特にしょぼいのは頼朝の墓。普通の一般家庭の墓と差は特に無い。

ひたすら歩き続ける。夕方に近づいた頃、雨が降り始めた。
鎌倉は雨が似合う気もする。雨の霧が寺を覆い、渋みを生む。
4,5時間は歩いただろうか。ある程度回ったところで駅前に戻ってきた。
駅前には店がずらりと並んでいる。鎌倉といえば食べ歩きだ。寒いゆえにアイス類は食べなかったが今川焼きはたまらなく美味かった。

その後、海が近いということに気づき、そちらを目指した。

雨に降られる海。水滴は並に打ち消される。
波音が静寂を打ち消しては、新たな静寂を強調する。

しばらく砂浜に立っていた。すると雲が薄くなり始め、遠くに紫がかった空が見えてきた。
鳩サブレが買いたかったので砂浜を後にする。

途中出会った猫かわいかったなぁ。
波のムービー quicktimeplayer 22MB

e0021494_1826187.jpg

e0021494_18261683.jpg

e0021494_18262787.jpg

e0021494_18263966.jpg

e0021494_18265016.jpg

e0021494_1827015.jpg

e0021494_18271134.jpg

e0021494_18272483.jpg

e0021494_18273640.jpg

e0021494_18274831.jpg

e0021494_18275626.jpg

e0021494_1828651.jpg

e0021494_1828149.jpg

e0021494_18282220.jpg
[PR]
by poppy_h | 2007-05-30 23:57 |

中央

やることもなく、髪を切って、整えてもらったところで行くところもない。
お金を下ろしに行くが不都合で使えない。

帰るにはまだ早い。

そこで、築地を探索することにした。

築地と言えば海産物があつまる築地市場。
トラックが沢山走っている。
その近場にはお寿司屋が多数存在する。
そのうち、このおいしいであろう店に行ってみたいものだ。

以外にも築地はたいした広さではない。自転車であっという間に探索し終わってしまった。

そこで、風に流されるまま、信号の青の方向へ、適当に進んでみる。
東京駅に近づいてきた。

そういえば皇居あんまり見たこと無いな、と思いそちらを目指す。
多数のランニングをする人たちの中心にそれはあった。
あまりに東京の中では敷地のでかいそれは、溜め池で囲まれ、昔ならではの防衛体制だった。
これは進入できない。なんとも見事な。

意外と緑も多い。近代美術館を通り過ぎ、武道館を横切る。
何も考えず進むと、見覚えのある場所が。

神楽坂。

これは一度理科大を受けに来たときに訪れた場所。
なんとも懐かしい。

川は汚いものの、町並みはきれいで、人も多く栄えている。

そろそろ時間も時間なので、帰ることにした。
一応地図は持ってきていた。

ここは靖国通り。新宿から続く道だったので、一応知っている通りだ。
靖国神社ってどこにあるのかなぁ?と思っていたら、見事に遭遇した。

時間も時間だったし、自転車を置く場所も見当たらなかったので、概観を見ておさらば。

進むうちに今度遭遇したのは国会議事堂。
おお、見事な作り。しかし人が全くいないので、ここで国会ほんとに行われてるのかよ、という感じ。

品川・・・新橋・・・ここら辺がやっかい。
例の如く迷ったのである。
地図を最初ちょいと見ただけで、車の看板頼りにすすんだのが間違いだった。
自転車には横断できない道路が多数あり、なんとも不便なのである。

ライオンキングでお馴染み劇団を通り過ぎたらりした挙句、ようやく築地へ。


さまよう旅は何度やっても面白い。
[PR]
by poppy_h | 2007-05-27 23:53 |

死への道

あぁ、春休みが終わる。

完全にボケた頭をフル回転させてどうにかその事実を受け入れる。

まてよ、この春休みなんかしたっけな?

思い返せば一応いろいろした春休みだった。

だけど、いいのか、これで新学期迎えていいのか?

なんだか実感が全く無い。休みがなくなることに対しての実感が沸いてこない。
ここいらで一つ気合を入れてみるか。

そう思い立ち、街の散策をすることにした。

もはや長距離の相棒である自転車にまたがりスタート。


適当に。信号が青になったほうに進む。家を背にして。

海、海か。海岸を目指そう。

見えてきた文字は辰巳そして木場。

おお広い、この海は広い。うちから見える東京湾とは違う。


葛西臨海公園の対岸で一時ストップ。そこでいやな情報を手に入れる。

『夕立』

まてよ気象庁。今日そもそも雨が降るって聞いてた。だけどこの青空。yahooで天気みたら曇りのち晴れ。明日も快晴。
そこで旅を開始したというのに、雨、ですか?

う、後ろを振り返ると真っ暗な空が・・・。
これは帰宅しかないのか・・・。


ジョジョ 逆に考えるんだ。

夕立が来る前に家を目指すのではなく、
夕立の流れに沿えば夕立は回避でき・・・る。

逆に考えるんだ。


YES!僕は夕立から逃げるほうを選ぶ!目指すは南だ!!


明らかにおかしな雰囲気をかもし出す空を背に、僕は自転車をこぎ始めた。

だが、自然を前にした人間はあまりにもろい。


げぇ、孔明!

雨が降ってきたぞ!


これはいけない、近場に雨を凌ぐ場所を・・・ってここなんにもない!

ここ葛西臨海公園付近、建物が非常に少ない。ただ平坦に土地、海が広がっている。


ついにはカミナリが鳴り出した。

光、そして轟音。

まいった、これ濡れるだけじゃなくて死ぬぞッ!
こんなだだっ広い場所にいたら狙い撃ちだ!!

周りには高い建物一つ無く、平坦な道が続く。


おぉ!展望休憩所・・・?急げ!!

一つの看板を頼りに、こぐペースを上げていく。


見えた!!って、えぇッ!!

そこに見えたのはちっちゃな、バス停の屋根程度に覆われたベンチ。
これではまるで屋根の意味を成さない。中途半端に高いと、カミナリに狙われる可能性もある。

う、海辺のカミナリは本気で恐い、死ぬぞこれ。


マジでびびりながらようやく建物発見。
これは・・ゴルフ?

そこで雨宿り。

待つこと1時間近く。
カミナリは去れど、雨はやまない。

あぁ、もう行くしかない。レストランオーナーの目が痛い。


覚悟をして飛び出す。

さ・・・寒いッ!!!

とんでもない寒さ。冷気を含む強風。し・・・死んでしまう。

後得た情報によると、なんと東京で雪が降ったらしい。東京の初雪はまさかの4月となったのだろうか。


覚悟はいいか・・・?俺は出来てる。

つぶやき、自転車を漕ぎ出す。
猛烈な雨、暴雨暴風目に水が飛び込み前が見えない。
目指すは北、向かい風だけどここでめげたら死んでしまう。

死を間近に感じた。これほど恐怖したのは久しぶりだ。
水を吸い込み、どんどん重くなる服、下着すら染み渡っていく。

猛烈な風と、雨に打ち付けられながら、進んでいく。
1時間を過ぎた頃には、頭痛、吐き気、だるさが身体を支配していく。

それに耐えていると急な変化が訪れる。
身体が、無感覚になる。意識が朦朧とする。あれ・・・なんだろ寒くないな。


疲れたよ、パトラッシュ・・・僕はもう・・・。


あぁ、これが人の限界の手前なのだろうか、パトラッシュのあの物語が頭を過ぎった。



幸運にも雨は弱まる。それはお台場に近づいたくらいだった。
それと同時に先ほどとはちがう、温かみを佩びた、柔らかな風が吹き抜けた。


大丈夫、人はそんなに軟に出来てなどいない。

家を目指す。


家にたどり着き、安堵し、自転車を降りる。そのころには雨も上がっていた。

重い服を引きずり、グチョっと足踏みするたみに音を鳴らすクツを引きずり、扉を開く。


熱めのシャワーを浴びる。
全身の疲れ、緊張からの開放、一気にだるくなってくる。

身体が重い。1時間、何することも無く横になっていた。
あれほど運動したのに食欲がまるでわかない。

ちょっと待てよ、
と熱を測ってみる。

37.1℃

・・・微熱だ。


こりゃいかん。

と早速夕食の支度に取り掛かる。
例の如くキャベツを千切り、めんどくさいから冷蔵庫にある肉を焼く。ご飯も炊いて単純メシ!

キャベツボール1つ。ご飯大盛り2杯。完食!

お茶を飲み一息入れた頃には熱もだるさも吹き飛んだ。


人間の身体はそんなに弱いものでもない。きちんと環境に対して抵抗するすべを知っている。

そう感じた1日だった。もう2度とこんなことはしたくないが。
[PR]
by poppy_h | 2007-04-04 23:19 |

その3

台場に自転車で行ったことで、我が自転車魂が再び灯る。

前回は9月の東京~茨城、前々回は群馬~東京。

東京から江ノ島へ、なんて前から考えていたものの、今の時期は寒い。


そこで、である。山手線1周ってお手ごろだよな、と。


やりました。山手線1周。
ちなみに電車では1時間くらいで1周出来る。以前1周した経験がある。


気楽に始めた企画だったものの、いざやってみると地獄だ。
半分あたり来たところで何度後悔したことか。
自転車の旅は必ず後悔の念が襲ってくる。それに打ち勝って得るもの。

では写真を見つつ旅の記憶を。ついでに駅名も覚えられるゾ☆

e0021494_03624.jpg始まりの有楽町駅。理由はただ単に最寄JRがこの駅だから。
サラリーマンがもちろん多く、視線が痛い。


e0021494_0372165.jpg続いて東京駅。きれいな駅。


e0021494_038151.jpgわかりにくいのでもう一枚。ちょうど1時。


e0021494_0384770.jpg続いて神田。
町だねぇ。ここは。


e0021494_0392875.jpgオタクの町秋葉原。平日はサラリーマンばっかりの町。


次は御徒町~なんだけれども、撮り忘れ。駅近すぎで忘れるっつーの。

e0021494_041476.jpg上野に到着。
この駅からはいろんな電車が出てて、やはり大きな駅。


e0021494_043111.jpg鶯谷(うぐいすだに)。漢字が難しい。


e0021494_0472186.jpg日暮里(にっぽり)。なんか言いたくなる名前。


e0021494_0481113.jpg西日暮里。いちいち近づくのめんどくさかったので、遠くからの撮影


e0021494_0485777.jpg田端(たばた)。この辺は広くていい。田舎っぽい感じの町並み。


e0021494_0494516.jpgちょっとブレイク。この辺りにいた猫。
猫がいる町は人も住みやすい町なのです。(赤川次郎談)


e0021494_0503646.jpg駒込(こまごめ)。これを聞いて誰しもコマゴメピペットを思い出すはず。


e0021494_0512327.jpg巣鴨(すがも)。いい町。おばちゃんの原宿と言われてる町。老舗がいっぱい。


e0021494_0524133.jpg路線電車。珍しいと思い撮ってみた。巣鴨駅にて。


e0021494_0532975.jpg大塚。特に言うことは無いが、巣鴨っぽい。


e0021494_054313.jpg池袋。後悔の念がどんどん沸いてきた地点。
なんといっても人が多くて自転車に不向き。
地形もわかりにくい。


e0021494_05517.jpg目白。道間違えたので引き返した地点。
池袋から新宿は直線的に進んだほうが早い。山手線いちいち遠回りしてる。それ故の間違い。


e0021494_0562973.jpg鉄腕アトムの曲が流れることで有名な高田馬場。学生多し。


e0021494_057355.jpg新大久保。これといって特徴も無い。


e0021494_0573390.jpgおなじみの新宿駅。これは東南口。人が多いのは自転車にはとてもきついのだ・・・。


e0021494_0582492.jpg代々木。この辺も学校多し。おなかがすいた地点。


e0021494_059361.jpg原宿。代々木公園突っ切って行こうと思ったのだが、警備員に呼び止められて遠回り。
代々木公園サイクリングロードあった気が・・・。


e0021494_0595926.jpgきました、渋谷の駅前スクランブル交差点。もはや自転車不可。


e0021494_114662.jpgこいつはハチ公。自転車転がしつつ、デジカメを構えた私は異質な存在だった。
ファッショナブルなヤングマンはきっと馬鹿にしていたに違いない。


e0021494_135141.jpgビールの曲が流れるのでお馴染みの恵比寿駅。この辺の町はきれい。レンガ造りの家がきれい。


e0021494_15188.jpgセレブの町目黒。いい加減腹がすき過ぎて、倒れそうになってきたため、おにぎり3個食べる。
秋刀魚を食べたかった。


e0021494_16873.jpgな、何をするごたダァーーーッ!!
五反田(ごたんだ)。この辺もリッチな立地。


e0021494_171134.jpg大崎。記憶が特に無い。ただここから大きく道を逸れて迷った。ここでぐにゃりと山手線は曲がり始めるため、思いっきり間違えた。私鉄も多く、間違えやすい。次の駅とはちがう、大井町駅へ行ってしまったのであった。


e0021494_19121.jpgようやく着いたのは品川駅。巨大な駅。
町並みもすごく都会っぽく、きれいだった。暗くなってきたのでほぼ夜景。


e0021494_195729.jpg旧校舎のある、田町。もう取り壊されてしまったが。
すごくリッチな場所だった。まさに都会。校舎は狭かったが、立地に関してはこっちのがぜんぜん良かったかも。駅写真撮りに行くのがめんどくさかったため、駐輪所写真。


e0021494_1113738.jpgリッチな田町の写真。いやこの辺なら飲み屋多くてよかったかもね。。


e0021494_1121967.jpg浜松町。
以前東京タワーへ行くために降りた駅。
慶應義塾大学がある。東京タワーが美しくそびえている。


e0021494_1132338.jpgで、ついつい寄り道。ちょっと遠くから撮影。


e0021494_113571.jpg真下からの撮影。もう真っ暗。ここ夜きれいだな。
観光客っぽいのも結構いた。


e0021494_1145319.jpg最後の駅は新橋!
ついにゴール目前。有楽町と大差無い町並み。


e0021494_1153028.jpgキター!有楽町!一周終わり!!!
後は帰るだけ。サラリーマン、こっち見ないで。


e0021494_1161937.jpg勝どき築地の分け目の橋から撮った写真。東京タワーも見える。
ああ、ようやく拠点に。


e0021494_1172683.jpgゴール!!! モリゾーの記念写真。



いやー長かった。電車では1時間の道のりも、自転車では6時間である。
人の多さ、道の複雑さ、それが無ければもっと早かったものの。
東京はやはり自転車は宜しくない。電車が一番だ。なんせ、道が大道路に面すると横断できないのだ。
歩道橋が設置されている場合があるが、もちろん自転車は無理。それでわざわざ渡れる場所を探す、そして迷う、のである。

この春休み中、もう一つ自転車の旅を。
もっとスピードが出せる場所へ。
[PR]
by poppy_h | 2007-02-14 01:02 |

僕らの宇都宮餃子記

みみ「いやぁ、久々だ。」

ばみ「そうだね…1週間ぶりだね…。」

みみ「それじゃ宇都宮話を。」

ばみ「何でいまさらなの!!」

みみ「それがね、日光にもせっかく行ったとし。
    詳しい先生に解説してもらおうと、アポ取ったんだけどずっと不在で。」

ばみ「なるほど、ただ単にめんどくさかったからじゃないんだね。」

みみ「・・・・。」

ばみ「え?」

 ドドドドドドドド


ばみ「それでは登場してもらいましょう。特別講師メローネ先生です!」

e0021494_23125121.jpg「メローネだ。」

みみ「先生は日光に詳しいんですよね。」

ばみ「意外です。」

e0021494_23125121.jpg「あぁ、組織を生きていくためには幅広い知識が必要だからな。」


みみ「では先生に解説をしてもらいつつ、写真を紹介して行きましょう。」

ばみ「ではどんどん行きます。」

e0021494_23183591.jpg

e0021494_23243895.jpg


ばみ「こちらが降り立ったときの写真ですね。」

みみ「駅からの写真です。」

e0021494_23125121.jpg「日光へ行く手段としての電車だが、実はJRの他にも東部線がある。JR線のみで行く場合、宇都宮に行ってから日光線に乗り換える必要があり、宇都宮からさらに40分もかかるということに注意が必要だ。」


みみ「何も調べずに行くと馬鹿を見ますね。」

ばみ「管理人は何も調べずに行ったものだから、現地で気づいたんですけどね。
    さて、続いて。」

e0021494_23253142.jpg


みみ「六甲のおいしい水!!」

ばみ「違う!日光のおいしい水!いくら似てるからって駄目だよ!」

みみ「こちらは東照宮へ向かう道の途中にありました。」

ばみ「役所のすぐ近くだったかな。肝心の味は。」

みみ「こっ!! こんなうまい水 おれ生まれてこのカタ… 飲んだことが! ねーーぜぇーーッ!! おまえも飲んでみろ! なんつーか 気品に満ちた水っつーか たとえると アルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか スゲーさわやかなんだよ… 3日間砂漠をうろついて 初めて飲む水っつーかよぉーっ」

ばみ「過剰…。続いて。」

e0021494_23342611.jpg


e0021494_2338242.jpg「ディ・モールト ディ・モールト(非常に 非常に)良いぞッ!」


ばみ「先生!落ち着いてください!!」


e0021494_23125121.jpg「こいつは神橋だな。日光二荒山神社の建造物だ。平成11年12月に世界遺産に登録された。」


みみ「水もきれいで、いい感じに紅葉してました。」

ばみ「続いて。東照宮までの風景を一気にどうぞ。」

e0021494_23532747.jpg

e0021494_23425180.jpg

e0021494_2343523.jpg


e0021494_2338242.jpg「素晴らしいッ!!美しい紅葉だッ!!!」


ばみ「先生!落ち着いて!!」

みみ「もみじが真っ赤。秋だねぇ。」


ばみ「うぅ・・・すぐ終わるつもりが始めてから40分・・・。」

みみ「無駄が多いからねぇ。」

ばみ「まだ東照宮にすら着いてないのに・・・。」

みみ「どうですか?先生」

e0021494_23125121.jpg「To Be Continued」


ばみ「続くの!!?」
[PR]
by poppy_h | 2006-11-23 23:48 |

おもひでぽろぽろ

今日、久々に学校に行ってきた。
夏休み中に学校に用はなかったし、わざわざ長時間かけて行くのもばからしい、ということで1ヶ月ぶりだ。

さてさて、写真を載せようと思う。思い出が詰まった写真たちだ。夏休みは写真という形で残った。


e0021494_22185036.jpg茨城キャンプに向かう途中の千葉の写真。
千葉も田舎なんだな~なんて思っていた。


e0021494_22194579.jpgこれは利根川付近の畑の写真。
秋の稲穂と、広大な畑に驚いた。


e0021494_22205039.jpgこれが利根川の写真。
橋は長く、岸辺が広い。
もちろん川も広く、ダイナミック。
日本ではないような錯覚を覚えた。


e0021494_22221878.jpgキャンプ地の写真。
テント3つに13人。
寒さと痛さで目が覚め、朝6時くらいに撮った写真。


e0021494_22235917.jpg実家帰ったときに行った、ホラーツアー。
廃墟の遊園地はバリケードされていた。
雰囲気を出してくれる看板だったが、進入できなかったのが残念。


e0021494_2225912.jpgぐんまのもりでずっとついてきた黒猫。
いまだあの猫はなぞだ。


e0021494_22255780.jpgぐんまのもり火薬庫。
戦時中に使われてたとか。
なんか不気味さが漂っていた。
拡大すれば何か写ってるかも・・・


e0021494_2226579.jpgぐんまのもりにある、あやしい銅像。
銅像。


e0021494_22273656.jpgあやしい階段。


e0021494_2228261.jpgずっとついてきた黒猫。
ずいぶんと人懐っこい猫だ。


e0021494_22285578.jpg先日、夜中から早朝にかけて、鳴り続けた雷。
太陽が出ようかという時間帯、空はオレンジ色になった。
信じられないような色だった。朝とは思えない。


e0021494_22301047.jpg雷写真②


e0021494_2231850.jpg雷写真③
お台場方面。もうだいぶ空の色は変わっていた。


e0021494_2232058.jpg最後に実家猫写真。
別にうちで飼っているわけではないが、なついている。
えらそう。



さて、1ヵ月後は資格試験。これから阿修羅のごとく勉強しようと思う。
おそらく資格は取れない、受験は失敗するだろう。
だけど、精一杯やっておこうと思う。
[PR]
by poppy_h | 2006-09-14 22:34 |