日記を書きつつ、意見を書いたり語ってみたり


by poppy_h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:映画( 14 )

人生哲学

今日チャップリンの映画を見た。
チャップリンの中でも有名な、ライムライト。

映画には、彼の人生哲学が描かれていた。
自分の人生哲学と近い部分もあって、共感してしまった。

この時代の映画って、役者の力がすごい。人の力を感じる。


TVゲームもそうだけど、ハイテク化することによって失われたものあるなって感じた。もちろん得たものもあるのだけど。
[PR]
by poppy_h | 2008-10-23 02:09 | 映画

ポニョ

ようやくポニョを見た。
毎度言ってる気もするが、最高傑作らしい。
評判もいいらしい。人もたくさん入ってるらしい。
そんなわけで大いに期待して見に行った。

絵柄が穏やかで、やわらかい印象。
海もきれいでカメラワークもいい。

動きも細かく、そしてとにかく動く周りの動物。(主に魚介類)

と、映像面で見ると流石というか非常に良い。


ただ、ストーリーは起伏無く最後まで行き、あっさり終わる。
キャラクターの印象もいまいち薄い気がする。所ジョージの演ずるキャラは良いかなと思ったが。

大体、ピンチになるというのは映画の王道だが、ほんとに起伏が無い。
マイナスがまったく無く、物語は終わる。
主人公も特に活躍してるわけでもない。


でも2時間が長くは感じなかった。起伏が無かったのに、それは不思議だった。
ファミリー向け映画としてはいいんじゃないかなと思う。


e0021494_0371071.jpgすき家のメガ牛丼&メガ豚丼。
味はそこそこ。

2つ食べたわけじゃない。
[PR]
by poppy_h | 2008-08-01 00:38 | 映画

積み本

Time waits for no one.
        ↑( ゜Д゜)ハァ?

ということで、ようやく『時をかける少女』を見た。
テレビ放映されてからずいぶんと立つが、ビデオに撮ったきり、見る機会もなく、いつの間にかこんなに遅くなってしまった。

いやぁ、ホントに良かった。良い作品だった。
終わり方がまた良い。あの切ない終わり方が。

私の好きな夏のイメージ、青い空、夕焼けの赤い空、映像でしかないのに、その場所の空気が伝わってくる。
1カット、1カットの背景が美しい。
他にも、セリフがとても自然。自然でありつつも、物語の進行を含む。

そんな細かな配慮が全体としての雰囲気をかもし出し、あのような名作になったのだろう。


筒井康隆は前から好きな作家だった。ブログでお勧めされている『パプリカ』も筒井康隆の作品であり、こちらも映像化されている。
見たことは無いが、いずれみたいと思っている。
書籍のほうは非常に面白い作品だったので是非読んでみて欲しい。


そういいつつも、忙しさからか、ここのところ本を読んでいない。
しかし、昔のペースでついつい本を買ってしまうものだから、積み本が・・・。

e0021494_2194878.jpg


上から
寺内貫太郎一家、吾輩は猫である、幻想の未来、富豪刑事、ヒュウガウイルス、探偵ガリレオ、天狗風、巷説百物語、ルーガルー、星々の舟、聖なる予言

自分が買ったのじゃないのもあるものの。


自宅で映画を見るとき、スピーカー買って本当に良かったと思った。
[PR]
by poppy_h | 2007-11-07 20:54 | 映画

アドレナリン

毎週恒例、週末は映画を見る。

今日見た映画は近頃公開された映画『アドレナリン』。
ヤフー評価を見た感じはダメっぽい映画だが・・・。

・あらすじ
主役は殺し屋。組織に責任を押し付けられ、中国製の毒を打たれてしまった。

毒から逃れるためには
アドレナリンを出し続けろ。


これは馬鹿な映画だった。アメリカンなジョークな話し。
つまり、日本人にはあんまりあわないんじゃないかな?って感じ。

ただ、カメラワークと主演のジェイソン・ステイサムの演技は良かった。

この監督若いのかなぁ・・・と感じた。

で今調べてみたら・・・案の定若い。
「ゲームのような映画を作りたかったんだ。」

なるほど。
ていうかこのアドレナリン公式サイト・・・普通に読ませろ!!


やたら再起動をしたがるマイクロソフトラップ。うざい。
[PR]
by poppy_h | 2007-07-14 01:17 | 映画

2月

週末は映画を見て過ごすという決まり2週目。

これといった話題作も知らないので上映中の映画をチェックし、それらを調べてみた。

・・・いまいちホームページではわからない。

そこで、Yahoo映画評価を見てみる。

見てみたいな~と思っていた『憑神』。・・・これは評価が低い。見た人の感想も微妙だ。
シュレックは見に行く気なんて起こらないし、スパイダーマンも「子供の命とすり替えておいたのさ!」なんて言ってたし、う~ん・・・。

で、話題にあまりならなかったわりに評価の高い映画、それが『キサラギ』。

いつもどおりレイトショー。

大まかなストーリー。
自殺したグラビアアイドルの追悼1周年。ファンサイトで知り合った5人が集まろう、という話になった。
1つの部屋に集まる5人。楽しくパーティをするつもりだった主催者だが・・・。

ネタばれは避けたいので。

これは脚本がうまい。俳優もうまい。ストーリーは一つの部屋のみで進行するものの、意外な展開をテンポよく取り入れ、お客を飽きさせない演出をしている。

終わらせ方もきれいに終わらせるのではなく、滑稽さをわざと出していたのではないかと思う。
純粋にエンターテイメントとして、楽しむ映画だと思った。

物語の最初は正直、「ああ、これ失敗したかなぁ・・・」なんて思っていた。
しかし、話が進むにつれ面白くなってくる。脚本が見事。前ふりの散らせ方が巧み。

浅いっていえば浅い映画なのだが、楽しむことに深さはいらないと思う。
それがエンターテイメント。



新曲練習中。
楽譜の見方がいまいちわからなかったので、友人に打ち込みソフトを借りてMP3にしてみた。
しかし・・・序盤中盤はまぁなんとかなるレベルなのだが・・・終盤・・・これは無い・・・というか無理。
タイミング確認のためだけに作ったので調整はしてませんが聞いてみるひとはクリック
[PR]
by poppy_h | 2007-07-07 03:48 | 映画

ダイハード4

金曜日。
授業時間も短く、週末な気分。

そこで映画を見る!

バイトが終わるのが大体8時なので、ららぽーとレイトショーが良さげだ。
で、今日公開のダイハード4を見に行くことに!

どうやらレイトショーは21時30分から。
チケット購入後学校にもどり、制作プログラムに磨きをかける。

おっと時刻だ。
レイトショーの料金は1300円。安い。

映画館に入る。初めてららぽーとの映画館に入った。
こ・・・これはなんと巨大スクリーン。いままでお台場だの海老名だの結構いいところの映画観行ったことあるがこれはホントに大きい。

そして、ダイハード初日にもかかわらず、観客数・・・10人程度!
映画館としてはつらいだろうなぁ・・・というスカスカ映画観。さすがは豊洲。

そんな感じでもちろん最高の席をゲットし、落ち着いて映画を見入る。

ダイハード4、今回はサイバーテロとの戦い。
良くあるパターンである。
しかし結構サーバーに関する知識がついたので、話しについていけるものだから面白みが一段と増す。
逆にウイルスによるパソコン爆弾が同考えても無理なんじゃあないかと。
爆発させるウイルス作れたとしても、家一件破壊するほどの爆発は起こせないと思う・・・。

ともあれ、アクション映画最高峰!ストーリーとかどうでもよく楽しめるアクション!
ジョンマクレーンのキャラは結構好きなのでみていてとても楽しめた。

今回、パートナーとして登場する天才プログラマ(?)とのコンビが、スネークとオタコンみたいな関係だったので面白かった。

それにしてもタフだなジョンマクレーン。


今回久々に映画に行って、映画は改めて面白いと思った。そして映画観の雰囲気といい、迫力といい、また行きたい。
これからはレイトショーにちょくちょく行きたいと思った。
[PR]
by poppy_h | 2007-06-30 00:37 | 映画

こだわりのもの。

今週くらい、モンスターハンターに一番時間を費やしているが、映画も結構見た。
ジョジョ、ロードーオブザリング王の帰還、ドリームガールズ。

ジョジョとドリームガールズは劇場で見たが、ロードオブザリングは学校から借りてきたDVDだ。

ドリームガールズは俳優が賞取った。あの人はとにかく歌はうまかったが、演技もそこそこ。
ドリームガールズ自体はそれほどたいした映画ではないと思った。

ドリームガールズとは、ドリームをつかむガールズたちの話。
才能に恵まれながらもチャンスをつかめないガールズ。
そこに目をつけた、ビジネスの才能のある男。
得たもの、失ったもの。

エディマーフィが歌上手いのにおどろきだったり。

問題は、話の展開がわかりにくい。それと私だけかもしれないが、誰が誰だかわからなくなってくる。とにかく化粧も衣装もホイホイ変わるものだから、なんだか誰が誰だかわからないし、場面の移り変わりが結構激しいし、時代がぴょっこり飛ぶしで。

歌はさすがによかった。歌が多すぎるのも問題ではあるのだけど。
ミュージカル映画だから歌が多いのは当たり前だけど、ストーリーの乗った歌があまりさえなかったイメージがある。

ムーランルージュ、シカゴでは見事なミュージカルだった。それらに及ばなかったことを感じずに入られない。


ドリームガールズの映画評論になってしまった。何も今回それを書くつもりは無かったのだが、時間も時間なので終わり。
[PR]
by poppy_h | 2007-02-28 05:04 | 映画

ビッグフィッシュ

休日を満喫中。
今日ものんびり番茶を飲みつつ”すこんぶ”を頬張る。こんな贅沢はない。

そして映画を見ていた。


『ビッグフィッシュ』 監督 ティム・バートン

これは不思議な人生を送った男の一生を見る映画だ。
その男は偉大で、僕は彼の生き方にあこがれた。

ティム・バートンの作品は、基本的にはファンタジーだ。
だが、その中にリアリティが含まれている。
今回はリアリティとファンタジーが六分四分と言ったところだろうか。

彼の作品には純粋にエンターテイメントだと感じる。娯楽としての映画だ。
それでいて心に響かせる力も同時に感じる。
彼の作品の魅力はそこではないだろうか。

あと撮り方だ。彼独自の撮り方、配色がある。ポイントとしての赤、それを包む緑。
これはチャーリーとチョコレート工場でも同様だ。注意して見ていなくとも気づくだろう。

曲はダニー・エルフマンだ。ティム・バートン作品には欠かせない存在。
彼の曲は独特で、耳に残る曲が多い。聞きほれてサントラを買ってしまったほどだ。


是非とも見て欲しい作品。
[PR]
by poppy_h | 2006-02-08 23:41 | 映画

のんびりしてたら

日曜日午後。外は曇り。やることはない。
そこで映画を見ていた。黒澤明監督作品だ。
それを見終わって夕飯時どうするか悩んでいたときのこと。滅多に鳴らぬ携帯が音を発している。
なんとなく嫌な予感がしたことから無視。その10分後、やはりどこからの電話だか気に成ったので履歴を調べてみる。
なっ!こいつはあの『千葉ロッテ』で御世話になったバイト先からではないか!!
あわてて電話をする。もしかしたら給料に関する話なのかもしれない。

相手が電話に出た。相変わらず気さくな感じの人だ。

「あー、もしもしー?○○(俺の名前)君?」
「はい。先ほど電話をいただいたみたいで。」
「えーと、今週末空いてる?」
「あ、はい。土日なら空いてますが。」
「じゃあ、ちょっとバイト頼みたいんだけど。ジャンプフェスタって知ってる?」
「え?知ってます。」
「それのバイトお願いしたいんだけど。」
「えと、交通費とか時間帯は・・・?」
「当日朝早いから、近くのプリンスホテルに泊まっていただくってことで。」
「!! やります!お願いします!」
「じゃあ、詳しい話はまた後で入れるね。」
「はい!」

とまぁ、バイト先からのいきなりの電話はなんとジャンプフェスタのバイトだったのだ。しかも泊まりつきの!!
こいつはやるしかない。ってことで土日に久々となるバイトが入った。年末バイト探してる俺にとって、なんか幸運な出来事だった。しかもジャンプフェスタ!誰か来いよ!!


バイト話はこの辺にして、映画について。
今日見たのは『夢』という作品だ。
内容は主に短編集の集まりと言ったとこか。狐の嫁入りを始め、ひな祭りだの全2時間30分くらいだった気がする。
この作品はスローテンポだった。セリフが少なく、空間を広く感じた。
中でも俺の気に入ったのは、『ゴッホ』だった。おそらくゴッホの絵の世界の話だ。
ゴッホのつぶやいたセリフに共感したし、俺の唯一引ける曲の一つショパン作曲『雨だれ』がBGMとして使われてたし、なんかみてておもしろかった。
黒澤明の言葉、メッセージの詰まった作品であったと感じた。

さて、天皇誕生日はケーキ作るバイトでもするか。


~フォト~
e0021494_19224161.jpg残ってた写真。象。
ぱおーん。
[PR]
by poppy_h | 2005-12-11 19:20 | 映画

ヘイ!ブラザー!

今日は雨。憂鬱な気分を晴らすため映画を見た。
その映画、ブラザー・トムではなくて、ブラザーズ・グリム。
なんか話題になってたような、そうでもないような・・・。あんまり内容知らずに見に来てしまった。
で、ホラーな雰囲気。そういえば予告編はホラーっぽかったし。
で、ホラーで行くのかなぁと思いきや、結構アクション。
そんでちょいグロイ(?)
あんまり心に残ることはなかったけど、楽しめて見れた。内容は全く語らないぜ!
グリム童話あんまり関係なかったということだけは言っておこう。


ゲーム製作プロジェクト。ちょっと構想を練ったのでそのまとめ。

・アクションは計算多くなり、難しいのでRPG
・3Dで行きたいところだが、姉が2Dなら描くというから2D
・ストーリーは全く未定
・オンラインを対応→自分の育てたキャラをクライアント同士で戦わせられるようにする

今のところ、そんな感じ。アイディア思いつき次第書いていこうかと。
しかし問題が浮上する。全く持ってゲーム作るプログラミングスキルがない
これ言っちゃったらどうもこうもないのだが、こういう目標持つだけで大分日常が変わってくる。
現に勉強するのが楽しくて仕方がない状態だし。
そうとう時間かかる気もするが、来年夏休みに向けてプロジェクト開始だ!
[PR]
by poppy_h | 2005-11-06 23:50 | 映画